米カリフォルニア州サンディエゴの病院で、昨年12月に世界最小となる、体重245グラムの女の赤ちゃんが誕生し、今月退院していたことが分かった。妊娠23週の段階で、妊娠合併症のため、帝王切開による出産を余儀なくされていたという。退院時には約2500グラムに成長したという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます