昨年、台湾の統一地方選で野党国民党の大勝の立役者となった韓国瑜・高雄市長(61)が1日、来年1月の台湾総統選に向け、「重責を担う準備はできている」と立候補表明した。同党の公認指名争いは、世論調査でトップを走る韓氏と、シャープを傘下に置く鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長(68)を軸に進むことになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます