人類が初めて月を目指したような、達成が困難にも思える壮大な研究に多額の資金を投じる「ムーンショット型研究開発制度」を、内閣府が今年度から始める。実用化できれば成果は大きいが、そもそも「大当たり」のくじを狙って買うようなことができるのか。大学への交付金を減らしながら、ハイリスクな挑戦に巨費を使う投資のあり方には疑問の声もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます