国土交通省と経済産業省は3日、自動車の燃費規制を厳しくする新たな基準案をまとめた。2030年度を目標とし、ガソリン1リットルあたりの走行距離を平均で25・4キロ以上になるよう自動車メーカーに義務づける。16年度実績より燃費を32・4%向上させる必要がある。新たに電気自動車(EV)も同じ基準の対象に加え、「低燃費」となるEVの普及を促す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます