路上でデビューし、店頭で腕前を披露。まるでミュージシャンのような上昇志向で、靴磨きをなりわいにしたいと志す若者たちがいる。雑踏の中で客が差し出す「足」を靴墨にまみれながら磨く従来の姿とは違った世界がそこにあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます