親による子どもへの体罰を禁止する児童福祉法等改正案が6月中旬にも成立する見通しになりました。「しつけ」と称した子どもの虐待事件が後を絶たないことから、子育てに暴力を使わない社会を目指す狙いがあります。しかし、体罰がしつけの一環として容認されてきた日本では、体罰禁止の法制化に疑問を感じる人もいます。そもそも、なぜ体罰はだめなのでしょうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます