タイ国会は5日夜(日本時間6日未明)、民政移管に向けた首相指名選挙で、2014年5月のクーデターを主導した軍事政権のプラユット暫定首相(65)を首相に選出した。組閣を経て新政権が発足すれば、形の上では5年ぶりの民政復帰となるが、軍が引き続き政治への強い影響力を維持することになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます