夏祭りを彩る打ち上げ花火づくりが最盛期を迎え、栃木県野木町の花火製造会社「田熊火工」では、梅雨入りを前に「花火玉」の天日干し作業が続く。6月末までに、直径6~30センチの花火玉約2万個を製造する予定だ。江森賢一専務(50)は「7月から各地の花火大会が始まります。大歓声が花火師にとっての喜びです」と意気込む。山本裕之

無断転載・複製を禁じます