オレンジ一色の車体で親しまれたJR大阪環状線の「201系」が7日午前、最後の営業運転を終えた。「201系」は1961年の環状線開業から引き継がれてきた、伝統のオレンジ一色の最後の車両。ラストランの終着駅、京橋駅には鉄道ファンらが集まった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます