日本が初の議長国を務める主要20カ国・地域(G20)の主要経済閣僚会議が8日、福岡市と茨城県つくば市で始まった。トランプ米政権の保護主義的な姿勢に配慮し、どちらの会議の共同声明にも「保護主義に対抗」との文言が入らない見通しだ。日本はデジタル課税など個別課題に協議の成果を求めようとするが、世界経済のリスクを増やす保護主義に対応できないG20の権威は弱まる一方だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます