菅義偉官房長官は9日、牛肉や豚肉の輸出事業を行う宮崎県都農町の食肉加工処理施設を訪れ、農産品の輸出に関する行政手続きを迅速化していく考えを示した。政権は農林水産物の輸出拡大をめざしており、世界市場に国産ブランドを売り込み、年内の「輸出額1兆円」の達成を狙う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます