フランス人デザイナーが京都の寺で、使われなくなった着物や帯を服飾品によみがえらせる活動をしている。デザイン性などを高めて新たな価値を生み出すリサイクルは「アップサイクル」と呼ばれる。寺の一室で手仕事を続けながら、市民向けのワークショップも開いて和の美をアップサイクルする方法を伝えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます