日産自動車が今月25日の定時株主総会に諮る、指名委員会等設置会社に移行するための定款変更の議案に対し、大株主の仏ルノーが「投票を棄権する」との意向を伝えていることがわかった。定款変更には出席した株主の3分の2以上の賛成が必要で、日産株の43%を握るルノーの棄権は、事実上の反対表明となる。日産がめざすガバナンス(企業統治)改革が頓挫する可能性が出てきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます