映画「主戦場」が、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー作品としては異例のヒットとなっている。4月20日に東京・渋谷で単館公開されると大きな反響を呼び、公開は全国44館に広がる勢いだ。一方で「承諾なく出演させられた。監督にだまされた」として、一部出演者が上映中止を求める事態も起きている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます