多くの留学生が所在不明になっていた東京福祉大に対し、文部科学省と出入国在留管理庁が「責任は重大」として改善を求めた。大学側は「行き場のない留学生を救ってきた」と説明してきたが、実地調査を通じて無理のある学習環境が浮かんだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます