「炎のストッパー」として広島カープで活躍し、1993年に脳腫瘍(しゅよう)のため32歳で亡くなった津田恒実(旧名・恒美)さんの功績を伝える記念館が、広島市南区にオープンした。ゆかりの品々が並べられ、往時を知る大勢のファンらが訪れている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます