川崎市の20人殺傷事件の容疑者や東京都練馬区で元農林水産事務次官に殺害されたとされる長男が、「ひきこもり」傾向だったと報じられ、偏見を懸念する声があがっている。ある当事者はそうした事態に「見えないものは怖いんだと思う」と話す。国内で「100万人以上」ともされる「ひきこもり」。それぞれどんな事情で家以外の居場所を失ったのか。くらしの困りごとや疑問を募って取材している朝日新聞「#ニュース4U」が、支援の現場などを訪ねて話を聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます