中国の楼継偉・元財務相が朝日新聞のインタビューに応じた。1980年代から経済政策の中枢に座り、日米摩擦もつぶさに見てきた「市場経済改革派」の重鎮に、激化する一方の米中貿易摩擦はどう映っているのか。圧力を強める米国を鋭く非難した舌鋒(ぜっぽう)は、国家主導色を強める中国自身の産業政策にも向けられた。(聞き手・吉岡桂子、福田直之)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます