滋賀県長浜市宮前町の画家高橋誠さん(63)の油絵が、自己免疫疾患の患者を対象にしたアートコンテストで「審査員賞」を受賞した。11年前に角化した皮膚に炎症が生じる乾癬(かんせん)を発症。4年間、はっきりした病名がわからず先が見えない日々を過ごした。今は新しい治療の効果で、症状がおさまっているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます