米財務省は12日、イランの最高指導者直属の精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」で、対外工作や情報活動を担う「コッズ部隊」に関連するイラク拠点の企業1社と関係者2人を新たに経済制裁の対象に指定した。米国とイランの緊張が高まる中、安倍晋三首相は同日、イランを訪れてロハニ大統領と会談し、緊張緩和へ仲介に乗り出したが、トランプ政権はイランに圧力をかけ続ける姿勢を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます