全国屈指の夏の暑さで知られる岐阜県で、家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の防疫措置にあたる作業員の熱中症対策が課題になっている。県は、高温の中での重労働を減らしたり、1回の作業時間を短くしたりするなどの対応を始めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます