魚は水中で相手と出会ったとき最初に相手の顔を見るという研究結果を大阪市立大と京都大の研究チームがまとめた。同種や他種の魚の写真を見せたところ、最初に顔に視線を送ることが多かった。胴や尾よりも視線を送る回数は多く、見ている延べ時間も長かったという。研究チームは魚も相手を識別する際、顔が重要なようだとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます