2020年東京五輪の輸送対策で、大会組織委員会、東京都、国などが、大会関係車両だけが通れる「五輪専用レーン」を成田空港と東京臨海部を結ぶ高速道路に設ける方向で調整に入ったことがわかった。首都高速湾岸、晴海の両線、東関東自動車道の計約60キロが対象で、設置時間帯や、専用レーンを通った一般車両に罰則を科すかどうかなどを今年末までに詰める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます