母が語る父の思い出の数々に、姉は「覚えとるよ」と不機嫌そうに相槌(あいづち)を打ったり、「せっかく忘れとったのに、思いだしてしもうた」と口をとがらせたりした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます