泥くさく生きる命の美しさが胸に迫る舞台だ。新選組の下級武士・吉村貫一郎に光を当てた浅田次郎の小説「壬生(みぶ)義士伝」が、雪組の名演で力強くよみがえった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます