中東のホルムズ海峡付近のオマーン湾で、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃を受けたことについて、ポンペオ米国務長官は13日、緊急の記者会見を開き、「米政府はイランに攻撃の責任があると分析している」と断言した。イランは関与を全面的に否定し、米国とイランの緊張がいっそう高まるのは必至だ。トランプ大統領は「イランとの(核問題をめぐる新たな)取引は時期尚早」との認識を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます