中東・ホルムズ海峡付近のオマーン湾で攻撃を受けたケミカルタンカー「KOKUKA COURAGEOUS(コクカ・カレイジャス)」を運航する国華産業(本社・東京)が14日午後に記者会見を開いた。乗組員が「飛来物で攻撃された」と話していることを明らかにした。実際に飛来物が飛んでくるのを見た乗組員がいるといい、詳細な状況を確認している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます