川崎市で起きた児童ら20人の殺傷事件の後、「1人で死ねばいい」という言葉をめぐる論争が起きました。そのきっかけとなった記事を書いたのは、生活困難者らの支援に取り組んできたNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典さんです。「『1人で死ね』と言わないで」と呼びかけた真意を、藤田さんに聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます