中東のホルムズ海峡に近いオマーン湾で、タンカーなど2隻が攻撃を受けました。このうち1隻は、日本の海運会社が運航するパナマ船籍のタンカーで、乗組員は全員フィリピン国籍でした。日本の会社の船なのに、どうして船籍が外国で、乗組員も外国人なのでしょう。背景には、世界の海運会社がしのぎを削る厳しい競争がありました。大手海運会社で乗船経験もある神戸大学大学院海事科学研究科准教授の渕真輝(ふちまさき)さんに聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます