1945年6月19日夜、米軍機が福岡市中心部を爆撃し、1千人以上の死者・行方不明者を出した福岡大空襲から19日で74年になる。これを前にした15日、犠牲者を悼み、戦争の悲惨さと平和の大切さを心に刻む集会が市内であった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます