刑事事件の容疑者を香港から中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐり、香港政府の林鄭月娥・行政長官は15日、緊急記者会見を開き、立法会(議会)での審議を無期限で延期すると発表した。一方、林鄭氏は改正案を「撤回しない」と強調。大規模デモなどで示された強い民意に一定の譲歩をした形だ…

無断転載・複製を禁じます