大阪府警吹田署の千里山交番の前で男性巡査(26)が胸などを包丁で刺されて重体となり、拳銃が奪われた強盗殺人未遂事件で、府警捜査本部が、現場に土地勘のある東京都品川区の男(33)が事件に関与した疑いが強まったとして、強盗殺人未遂容疑などで逮捕状を請求する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかった。男は拳銃を持ったまま逃走を続けているとみられ、捜査本部は約5千人態勢で行方を追っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます