シリア内戦をめぐり、反体制派の最後の大規模拠点、北西部イドリブ県で医療施設を狙った攻撃が相次いでいる。本来、こうした施設の安全確保のために国連が仲介して位置情報を関係国間で共有する仕組みが悪用されている懸念が強まっている。現場の医師からは「アサド政権軍の爆撃に利用されている」との非難の声が出ている…

無断転載・複製を禁じます