お坊さんが率いるチームが大学日本一の座に挑んだ。17日に神宮球場であった全日本大学野球選手権決勝で初優勝を目指した佛教大(京滋)が明大(東京六)に1―6で敗れた。準決勝までの4試合のうち逆転勝ちが3度。僧侶でもある田原完行(さだゆき)監督(59)が鍛えた選手たちは、頂点にあと一歩のところにまで迫った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます