和歌山県は、地域の中核病院である2次救急医療機関と高度な医療をする3次救急医療機関の間で、検査画像などを正確かつ迅速に情報共有ができる「遠隔救急支援システム」の運用を4月から始めている。県全体で同システムを展開するのは全国で初めてという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます