大阪府警吹田署の千里山交番前で刺され、16日から意識不明の重体となっていた古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)について、府警の石田高久本部長は20日の記者会見で、「命の危険もあったが、早期の適切な治療と本人の強靱(きょうじん)な体力のおかげで順調に回復に向かっている」と明らかにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます