千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の判決が26日、千葉地裁で言い渡される。検察側は懲役2年を求刑。弁護側はDV(家庭内暴力)の影響で夫の支配下にあったとして執行猶予付きの判決を求めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます