ボクシングの元3階級王者で世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=は、19日に同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=との同級王座決定戦(千葉・幕張メッセ)に臨む。勝てば日本人初の4階級制覇となる一戦に向け、18日の計量は無事にパスしたが、左腕には前日まではなかった肌色のテープがビッシリと貼られていた。何があったのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます