液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)の経営再建が迷走し、株主の不安が強まっている。出資の受け入れ交渉をしていた中国1社・台湾2社の企業連合による最大800億円の金融支援の枠組みが崩れ、再建は綱渡りだ。株主総会では、先行きを不安視する多くの株主が、経営陣に質問を浴びせた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます