新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員(71)は18日、東京都内で記者会見を開き、この夏の参院選比例区に日本維新の会の公認で立候補を目指す考えを表明した。「最後の男の戦いをしたい。私は北方領土問題の解決に誰よりも向き合ってきた。これは見届けたいし、結果を残したい」と述べた。維新は受け入れる方針。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます