香港社会を揺るがす「逃亡犯条例」改正案について、香港政府トップが事実上、成立を断念する考えを示した。だが、中国政府の「お墨付き」を得た政策だけに撤回は明言できず、歯切れが悪いまま。うやむやにして幕引きを図る考えがにじむが、民主派の反発は収まりそうもない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます