静岡県御前崎市池新田で計画されている産業廃棄物処理・発電施設に反対する住民は19日、建設の賛否を問う住民投票条例の制定を求める本請求を柳沢重夫市長に行った。請求に必要な有権者の50分の1(538人)を大きく上回る1万1829人の署名を集めており、柳沢市長は「市民の関心が高く、重く受け止めている。できるだけ早く議会を招集したい」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます