「週1回スポーツをする人を65%に増やす」という目標の達成に向け、働き盛り世代のスポーツ人口を増やすことをめざすスポーツ庁の事業が、有識者が税金の無駄遣いを公開の場で検証する「行政事業レビュー」で廃止を求められた。ただ、スポーツ庁にとっては存在意義ともいえる施策で、やり方を見直した上で来年度も継続するつもりという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます