「鉄の暴風」とも形容される苛烈(かれつ)な砲撃に見舞われた沖縄戦を、函館市の元兵士松村静夫さん(95)は奇跡的に生き延びた。「戦争は罪のない人同士が殺し合う悲惨なもの。二度とやってはならない」。6月23日の沖縄慰霊の日を前に、あらためて平和を願う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます