乳幼児突然死症候群(SIDS)や流産、死産などで子どもを亡くした遺族同士の集会が、29日に和歌山市で開かれる。遺族の支援に当たっているNPO法人「SIDS家族の会」近畿支部の主催。遺族の一人であり、会の運営の中心メンバーは「体験を話すことで、自分の中の悲しみや自分を責める気持ちなどを整理することができた」と会の意義を語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます