静岡市立静岡病院(葵区追手町)で19日夜、静岡大空襲で殉職した看護師の追悼行事があり、職員や患者らが参加した。病院のあかりを消さないように――。戦争の記憶の風化が懸念されるなか、行事では当時の看護婦長の思いを受け継ぐことを確認した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます