中国の習近平(シーチンピン)国家主席が20日、国家主席としては初めて北朝鮮を訪問しました。最近、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は頻繁に中国を訪れています。両国の絆は「血の同盟」とも言われ、実際に中国は北朝鮮の後ろ盾となってきましたが、どんな特別な関係があるのでしょうか。北朝鮮に近い中国・瀋陽や北京で両国関係についても取材してきた朝日新聞の古谷浩一論説委員(国際社説担当)に話を聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます