2年前の7月、九州北部の山間部に大きな被害をもたらした豪雨。その被災地に、ボランティアの女性3人が観光の拠点になるカフェを開いた。支えてきたのは、1990年代に日本のロック界をリードしたバンド「T―BOLAN」のボーカル森友嵐士(あらし)さん(53)。一度は病気で声を失い、被災した村の復興と自らの経験を重ね合わせているという森友さんは、豪雨で多くのものを失った村へ力強いエールを送っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます