フランスの作曲家、エクトル・ベルリオーズ(1803~69)が没後150年を迎えた。代表作の「幻想交響曲」を先月、フランス音楽の演奏に数々の金字塔を残してきたスイスの名指揮者、シャルル・デュトワが大阪フィルハーモニー交響楽団と奏でた。「純粋に音だけで物語を描いた、史上初めての管弦楽曲」と語る「幻想」の本質とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます