「追い詰められ、壊れた心を表現するには、ああするしかなかった」。約10年間のひきこもり経験がある30代の男性が、自身の家庭内暴力の体験を語りました。怒りの底にあった心の痛み。子どもの将来を懸念する親の側から見るのとは違う、家庭内暴力の断面が浮かび上がってきます。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます